法律は人間の歴史そのものとも考えられる

はるか昔、人間の社会がまだまだ不安定であった頃から、社会の中では法律が規定されていました。集団で暮らす場合、物を盗んではいけないとか、人にけがをさせてはいけないなど、当たり前のルールがありますが、これらは人が社会を作った遠い昔からありました。しかし、原始的な社会の場合、ルールを破ることは集団からの放逐などを意味し、厳しい罰が課せられていました。犯罪を犯せば今の世の中でもそれに応じた刑罰が下されます。それは一つ一つ法によってきめられており、裁判官などが適当に気分で決めている物ではありません。社会的な基準と照らし合わせ、妥当とされる範囲でルールが規定され、それは時代のニーズに合わせて改訂されています。法律は人の社会を守り、維持するための物ですから社会が変わればルールが変わるのは当然の話です。人の歴史と共にルールは変化していくので、法は人の歴史そのものと呼んでも過言ではありません。この流れは今も続いており、ルールはどんどん変化しています。